引き出物の意味とルール

わざわざ忙しい中、結婚式の披露宴に出席してくれた方々。

そんな方々にお礼と感謝の意味をこめて渡す引き出物。
とはいえ、もともとは結婚式に限らず宴席のお土産と言う意味でした。



お土産に渡す馬を宴会の席に引き出して見せたことが引き出物という名前の由来です。

法事などで渡す祖供養品も引き出物という名で呼ばれます。昔はわざわざ品物を用意するのではなく披露宴での料理の一部をお土産として持ち帰っていたのですが、衛生面からわざわざ別の品を用意するのが主流となったのです。

このような歴史があるため本来ならどなたに渡すのも同じもの。しかし、いただくご祝儀の額が違うのに同じなのは相手に対して失礼ではと、お祝いに対するお返しとしてそれぞれに違った品を贈るという考えになったのです。

贈り分けです。

1人1人別々というと大変なので、2つか3つのパターンを用意しておいて、それぞれに振り分けるというやり方が主流です。


昔から続いてきた風習であり、地域によっては紅白饅頭や鰹節・赤飯など決まった品を贈らなければならなかったりもします。「しきたり品」です。



両親や、その地域の習慣に詳しい方に相談しておいた方がよいでしょう。



贈る数については、分けることができない奇数、という意味で3つや5つにするのが一般的です。

引き出物・引き菓子・しきたり品をどのような内訳で選ぶのかもまた地域により風習が絡んできます。


初めてのことですし、これからもお世話になる方々ばかりですから、慎重に選ぶようにしましょう。