結婚の記念としての引き出物

結婚式に出席していただいた人へ、結婚の記念として引き出物を差し上げるものです。

現在は、実用品が多く持ち運びを考えるると軽くてかさばらないものを選ぶ人が多くなっています。

一般に結婚式場などで取り扱っているいるところが多く、品ぞろえも豊富になっており、好みのものを一緒に頼むことで手間が省けます。

引き出物の予算は、料理の1/3から1/2を考えるとよいでしょう。



結婚式場や業者に頼まずに、引き出物を自分たちで探す場合には、取扱店では品物が豊富にあり、どれが良いのか迷って決められない場合があります。

あらがじめどのような品物にするを考え、そのうえで、考えを店の人に話し、好みに合った記念品を一緒に選ぶことで、心のこもった品になります。
品物によっては、注文を置けてからの生産するものもあります。

この場合には、かなりの時間を必要とするものがありますので、できるだけ早めに品物を注文する必要があります。


特に、引き出物に二人の名前を入れるような場合には、物によっては一つ一つ手書きで名前を入れるようになるのでかなりの時間がかかります。

引き出物は、表書きに寿とし新郎新婦の名前を書き、紙袋などに入れると便利です。



そして、一人にい1つが原則ですが、場合によっては家族に1つ、夫婦で1つとする場合もあります。


だたし、媒酌人夫婦には、それぞれに1つずつ用意したほうがよいでしょう。

結婚式にかかる費用の負担は、一般的に人数分で割って負担するようにします。