引き出物は真心を込めて

引き出物は記念品を一品に引菓子といわれているお菓子をつけて贈るのが、一般的になっています。地域によっては三品以上というところもあります。

金額は招待したお客様の飲食費の3分の1から半額程度が目安になっています。


引菓子は和菓子でも洋菓子でもよく、1000~1500円のものが人気があります。



引き出物を選ぶコツは、誰にでも喜んでもらえて持ち運びがしやすいものを選ぶことが大切です。最近では招待されたお客様が自分自身で品物を選ぶことができる、カタログ式のギフトが人気になっています。

受け取る人がカタログから選べるのが魅力になっていて、幅広い年齢層に対応した商品が豊富にそろっています。

引き出物については、地域の慣習や家によって考え方が大きく違ってきます。

ですから地域によって金額にばらつきが出てしまいますので、よく話し合って決めるようにしてください。

数や大きさにこだわるところもありますので、両家でよく話し合って決めることが大切です。
招待客全員の引き出物を同じにするのが原則になりますが、招待客の年齢や好みに合わせて用意をしてもかまいません。

食器類やインテリア用品などオーソドックスで実用的なものが人気になっています。引き出物には紅白の結びきりののし紙をかけます。



表書きには両家の姓を、引菓子には新郎新婦のお膳のおすそ分けの意味を込めて二人の名を書いて贈ります。真心がこもった品を選ぶことが重要になってきます。