引き出物の歴史とはどのようなものですか

引き出物は冠婚葬祭、特に結婚式の披露宴のゲストに持ち帰ってもらうものとして知られています。


記念の品物なのに、「引き出物」というのはなぜなのでしょうか。


記念品という言い方でも十分に感じるように思われますが、実はきちんと由来がある言い方なのです。

時は平安時代に遡ります。その時代、宴席を設けてお客をもてなした後、帰る際にお土産を渡す習慣がありました。

そのお土産として用意されていたのは馬です。



その馬を庭先に引き出してお客様に見せていたのが、引き出物という言葉の由来となったといわれています。

当時としては、馬が一番実用的な物だったのかもしれません。

その後、時代の移り変わりとともに実用品も変わったのか、武具やその土地の名産品などを引き出物として渡すようになりました。



現在のような形になったのは、結婚披露宴で提供された料理の一部をお土産として持ち帰ってもらうことから始まりました。



次第に結婚式が華やかになっていく中で、新郎新婦からの記念品としての意味合いが強くなり、品物を用意するようになりました。一時は、重い物や大きな物が好まれる傾向がありましたが、最近は持ち帰りのことを配慮して、小さな物や、好きな物が選べるカタログギフトなどが人気を集める傾向にあります。

時代によって内容が変わってきた引き出物ですが、ゲストに喜んでもらいたいという招いた側の気持ちを込めるものであるということは、いつになっても変わらないものなのです。